税務に関するご相談等、お気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00 - 18:00(土日祝日要相談)

staff

2022.03.09

弊所スタッフのナギがご紹介!パソコン知っトク情報!

皆さんこんにちは!
中央みらい会計事務所のデジタルあれこれ担当、「ナギ」こと小棚木です。

弊所は埼玉県さいたま市の税理士事務所で、
記帳代行、月次決算から各種申告書の作成や資金繰り対策等、幅広くお客様のサポートを行っております。

突然ですが皆さんは”パソコン”をお持ちでしょうか?
今や多くの人の仕事や生活に欠かせなくなったパソコンですが、
世の中には多種多様なものが存在します。

今回は、そんな中央みらい会計事務所に勤務する私ナギが
パソコンの違いがよくわからない方向けに”知っトク”な情報をご紹介しちゃいます!

パソコンの種類

パソコンにはどのような種類があるのでしょうか。

実は、パソコンといっても箱型のものから薄いものまで
様々な形や大きさの種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。

デスクトップパソコン


→箱の様な形をしているパソコンです。
通常、常に電源に接続しながら使う必要があり、、加えて画面を映すためのディスプレイが別途必要です。
ですが他の種類のものより一般的には性能あたりのコスパが良いとされており、
持ち運んでの利用が無いのであれば、このデスクトップパソコンを選んでおけば
まず間違いありません。

ノートパソコン


→持ち運べる、薄い板状のパソコンです。
デスクトップパソコンとは対極的な位置にある種類で、
バッテリー内臓のため充電されていればどこにでも持ち運ぶことが出来ます。
さらにディスプレイも内蔵されているため、別途ディスプレイを用意する必要はありません。
但し、使用されている技術や部品にかかるコストがデスクトップパソコンに比べ高いため
デスクトップパソコンと同じ性能のノートパソコンがあるとした場合はノートパソコンの方が高価であるケースが多いです。
  

一体型パソコン


→画面の後ろ部分にデスクトップパソコンと同じ仕組みを合体させたものです。
見た目はディスプレイですが、これ単体でパソコンとして利用することが出来ます。(※キーボードとマウスは別途必要)
別途ディスプレイを用意する必要が無いため、設置スペースを取らなくて済みます。
そのため一般的に家庭用に好まれるタイプであり、インテリアにスッキリと馴染むおしゃれなデザインのものが多く販売されています。
但しデスクトップパソコンと同様に常に電源に接続して使用する必要があるため、
外への持ち運びには適さず、またデスクトップパソコンと比べ金額も高いものが多いです。

パソコンの用語

パソコンには様々な性能のものがあります。

性能を表す用語は非常に多種多様なのですが、
「ここだけ抑えればOK!」という部分だけに絞ってご説明します。

OS(オーエス)

→いわゆるパソコンの人種のようなものです。
有名なのは「Windows(ウィンドウズ)」「Mac(マック)(※Macintoshの略)」の2つがあり、
主に使用出来るソフトに違いがあります。
もしも大きな理由が無ければ、個人的には「Windows(ウィンドウズ)」の方をお勧めします。
もちろん、「Mac(マック)」を買われる方はソフトウェアなどの都合があることを把握されている方だと思いますので、
そのような方はもちろん「Mac(マック)」でもOKです。

CPU(シーピーユー)

→いわゆるパソコンの頭脳レベルを決めるパーツです。
非常に様々な種類があるので一概にコレというものはないのですが、
仕事用であれば「core i5(コア アイファイブ)~」か「core i7(コア アイセブン)~」で始まるCPU
搭載されているパソコンを選ぶとベターです。
「cerelon(セレロン)」や「Atom(アトム)」で始まるCPUを搭載したパソコンは
値段こそ安いですが、今となっては基本動作すら安定しない可能性があるため
あまりおススメはできません。

ROM(ロム)

→データが保存できる容量の大きさです。
この値が大きくなればなるほど、「音楽、動画、書類データ」がたくさん保存できるようになります。
という要素を決めるものです。
よく「引出しの量」とか「クローゼットの広さ」などと例えられることがあります。
パソコンであれば最低「256GB(ギガバイト)」程あれば問題ないかと思いますが、
4年以上使うのであれば「1TB(テラバイト)※=約1,000GB(ギガバイト)」あれば安心かと思います。

RAM(ラム)

→前述の「ROM(ロム)」にそっくりですが、全く別のものです。
同時に作業できるスペースの広さを表しており、この値が大きければ大きいほど
「Word(ワード)で参考資料を確認しつつExcel(エクセル)で集計表を作成…なんてしている間に
別の仕事が来たので顧客のデータフォルダを開いてPDFをチェックし印刷する」など
多くのソフトを同時に開いてスムーズな作業を行うことが出来ます。
最低でも「8GB(ギガバイト)」は必要で、「16GB(ギガバイト)」あれば
おおよその作業はスムーズに行うことが出来ます。

HDD(エイチディーディー)、SSD(エスエスディー)

→前述した「ROM(ロム)」に関わるパーツの名称です。
「HDD(エイチディーディー)でできているROM(ロム)」と、
「SSD(エスエスディー)でできているROM(ロム)」があると思ってもらって構いません。

「HDD(エイチディーディー)でできているROM(ロム)」
価格が安い割には大容量ですが、データの保存や読み込みにかかる速度が普通のスピードです。
また衝撃に非常に弱いため、「HDD(エイチディーディー)でできているROM(ロム)」が入っているノートパソコンは
特に取扱いに注意する必要があります。

「SSD(エスエスディー)でできているROM(ロム)」
価格が若干高いのですが、データの保存や読み込みにかかる速度が非常に速いため、
よりスピーディーに作業を行うことが出来ます。
また多少の衝撃であれば耐えることが出来るため、最近のノートパソコンの多くは
耐衝撃性を考慮して「SSD(エスエスディー)でできているROM(ロム)」が搭載されていることが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ご紹介したワードを確認してみると、あなたにピッタリのパソコンが見つかるかもしれません!

以上、デジタルあれこれ担当の「ナギ」こと小棚木がお送りいたしました。

埼玉県やさいたま市で税理士や会計事務所をお探しの方は
中央みらい会計事務所までお気軽にご相談ください!

〒338-0001
埼玉県さいたま市中央区上落合8丁目10番地7 中山ビル1,2階
JR:大宮駅西口より徒歩14分、北与野駅西口より徒歩17分

TEL:048-840-1107 FAX:048-767-3130
起業・会社設立から決算・申告までトータルサポート!
ページトップへ