税務に関するご相談等、お気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00 - 18:00(土日祝日要相談)

representative

2022.01.26

YouTuberは確定申告しないとけない?確定申告の判定とYouTuberの経費について徹底解説!

明けましておめでとうございます。
皆さんはどんな年末年始を迎えられたでしょうか。

今年も皆さんにとって有意義な情報をたくさん提供できるように、気合いを入れて頑張っていきたいと思います。

2022年も始まると気になるのは・・・そうです!「確定申告」です!
そんな確定申告のなかでも、最近よく耳にするようになった「YouTuber」に注目して今回は解説していきたいと思います!
既にYoutubeで収入がある方や、今年から始めてみようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。
まずは確定申告の概要について簡単に解説していきます。

確定申告とは

確定申告とは個人におけるその年の1月1日から12月31日までの収入と支出を差し引いた所得金額や、所得税などを計算し税務署に申告する手続きのことをいいます。
確定申告では所得の種類ごとに税金の計算方法などが大きく異なる場合もあるため、慎重におこなう必要があります。

また、申告書を作成するまでの集計作業も非常に手間と時間がかかるため、確定申告全体としても非常に面倒な手続きであるといえます。

確定申告について掘り下げすぎるとキリがありませんので、ここでは確定申告が必要な人についてのみ解説していきます。

 

確定申告が必要な人

確定申告については必ずおこなう必要はなく、一定の要件に該当する人のみがおこなうものです。
具体的には次のような人は確定申告が必要となります。

① 給与の収入が2,000万円を超える人
② 給与および給与以外の所得が20万円を超える人
③ 給与を2箇所以上からもらっている人
④ 一定額以上の公的年金がある人
⑤ 事業所得や雑所得など各種所得から所得控除等を差し引いて残額がある人

 

上記の1つ1つについて、ここでは深く掘り下げませんが確定申告が必要であるかどうかの非常に重要な判定ですので、気になる方は国税庁ホームページを参考にしてください。
確定申告が必要な方|国税庁

 

YouTuberの確定申告はどうなる?

YouTuberとして活動し、一定の収入がある場合は確定申告をおこなう必要があります。この判定については
・専業としておこなっている場合
・副業としておこなっている場合
それぞれで異なるため注意が必要です。

 

専業YouTuberの場合

専業YouTuberとして活動し収入がある場合は、YouTubeによる所得金額が48万円以上であればおこなう必要があります。

これは上記で紹介した確定申告が必要な条件⑤「事業所得や雑所得など各種所得から所得控除等を差し引いて残額がある人」が関係しています。
所得控除とは、

・基礎控除
・扶養控除
・生命保険料控除
・社会保険料控除
・寄付金控除

などのような控除のことをいい、基礎控除については原則として48万円が控除されます。
そのため、48万円以下であれば所得金額は0円となり確定申告が不要ということになります。
もちろん、その他の所得控除がある場合は48万円+αの金額が確定申告が必要かどうかの判定額となります。
ただし、基礎控除額は次表のとおり納税者本人の合計所得金額によって変動するため注意が必要です。

引用:基礎控除額|国税庁

 

副業YouTuberの場合

副業YouTuberの場合、YouTubeによる所得が20万円以上であればおこなう必要があります。
これは上記で紹介した確定申告が必要な条件②「給与および給与以外の所得が20万円を超える人」が関係しています。
メインの給与所得があり、副業であるYouTubeによる所得が20万円以下であれば申告不要ということになります。

 

YouTuberが経費として処理できるもの

YouTuberが確定申告する場合は収入と経費を集計する必要があり、経費を漏らすことなく集計することが税金を安くするために非常に重要になります。しかし、支払ったものを全部経費にしてしまっては税務署から「これは経費で処理できません!」と指摘を受ける可能性もあります。
そこで今回はYouTuberが経費として処理できる一般的な事例をいくつか紹介します。

・撮影機材代
・撮影および編集などに関する書籍や資料代
・撮影や打合せの際に発生する交通費
・スタッフなどを雇った場合は人件費
・チャンネル広告宣伝費
・撮影や編集の外注費
・打合せ時などの飲食費
・作業部屋の水道光熱費
・事務所を賃貸する場合は賃貸料
・その他収入を得るために必要な費用

 

経費として処理するために重要なのは「収入を得るために支出したかどうか」です。そのため、上記以外でも収入を得るために必要な支出は経費として処理することができます。
ただし、経費の中にはプライベートなものと区分することが難しい経費もあるため注意が必要です。

 

YouTuberの確定申告は家事按分に注意しよう!

YouTuberの確定申告では「経費」に注意する必要があります。収入を得るために必要な支出であってもその中にプライベートな部分が含まれる場合は、事業に必要な分だけを経費計上しなければなりません。このことを「家事按分」といいます。
家事按分が必要な代表的な経費は次のようなものがあります。

・水道光熱費
・通信費
・衣装代
・撮影機材代
・飲食費
・部屋などの賃貸料

 

家事按分においては按分率の根拠を適切に計算しておく必要があります。
「こういった根拠からこの割合で経費に計上しています!」
と自信を持って言えるように準備しておくとよいでしょう。一般的に使用割合や面積割合などが按分率の根拠となる場合が多いです。

また、経費として計上している根拠を準備しておくことも重要です。飲食費の場合は一緒に飲食をした相手先なども領収書などに付記しておくとよいでしょう。
また、衣装代などについても事業用の衣装とプライベートの衣装の収納を別にしておくなどの工夫が必要です。

 

まとめ

確定申告が不慣れな人にとっては「なにが経費に該当し、なにが経費に該当しないのか」ということの判定は非常に難しいといえます。しかし、この判断が誤ってしまうと知らず知らずのうちに脱税となっている場合や、無駄な税金を納めてしまっていることもあります。
また、確定申告が必要であるかどうかの判定もケースバイケースとなっているため、場合によっては難しいこともあります。
そのため、確定申告について少しでも不安や疑問がある場合は気軽にご相談ください。みなさんの不安が少しでもなくなるよう、全力でサポートさせていただきます。

中央みらい会計事務所は、起業・会社設立から日々の会計および税務処理、経営アドバイスまで、事業者の方を幅広くトータルサポートいたします。適切で、かつ最適な会社設立から経営コンサルまでトータルサポートしてほしい方は気軽にご相談ください。

〒338-0001
埼玉県さいたま市中央区上落合8丁目10番地7 中山ビル1,2階
JR:大宮駅西口より徒歩14分、北与野駅西口より徒歩17分

TEL:048-840-1107 FAX:048-767-3130
起業・会社設立から決算・申告までトータルサポート!
ページトップへ