税務に関するご相談等、お気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00 - 18:00(土日祝日要相談)

staff

2021.09.16

こんにちは!今回のブログを担当します稲見です。

一頃に比べ、気温も段々と下がり、季節も夏から秋へと近づいている感じがする今日この頃。
秋と言えば、スポーツの秋や、食欲の秋など、以前から「〇〇の秋」と表現されることの多い季節です。
その「〇〇の秋」の一つに、読書の秋も挙げることが出来ると思います。

私も通勤時間などを利用しながら、よく本を読みます。
ジャンルとしては、日本史が好きなので、幕末を中心とした歴史物をよく読んできました。
そんな私が最近読んでいるのが、井沢元彦さんの『逆説の日本史』シリーズです。
このシリーズは、日本の歴史を、それこそ弥生時代のような初期の頃から、井沢さんなりの解釈で考察していくものです。
読んでいくと、教科書などではあまり触れられないが、よく考えてみたら不思議なことなどについて、井沢さんが独自の見解を示しています。
少し例を挙げますと、邪馬台国の読み方(「やまたいこく」)が実は違ったのではということや、
出雲大社の参拝方式(二礼四拍手一礼)が他の神社と違う理由などについて、記述がされています。

このような、よく考えると不思議なこと、に関する井沢さんの見解の中で、一番印象に残ったのは、お米に関する話です。
日本では、お米の産地として思いつくのは、新潟や山形、北海道など、どちらかと言えば寒い地方です。
ただ、本の中で井沢さんが指摘されるまで気にも留めなかったのですが、世界に目を広げると、状況は全く変わります。

世界的にお米のよく取れる地域を思い浮かべてみると、タイやベトナムなど、どちらかと言えば、暑い地方が多いことに気づきます。
どうして、日本では寒い地域がお米の産地となり、海外では暑い地域なのか、この点についても、井沢さんなりの見解に基づき、その理由が考察されています。(記述されている理由については、権利関係などが絡みそうなので、あえて控えさせていただきます。すいません)

このように、日本史の常識とされていた部分が、実は本当にそうなのか、という点について独自の見解が示されていて、個人的にはかなり面白い本だと思います。
もし、歴史に興味がありましたら、一度読んでみることをお勧めします。

埼玉県やさいたま市で税理士や会計事務所をお探しの方は
中央みらい会計事務所までお気軽にご相談下さい!

〒338-0001
埼玉県さいたま市中央区上落合8丁目10番地7 中山ビル1,2階
JR:大宮駅西口より徒歩14分、北与野駅西口より徒歩17分

TEL:048-840-1107 FAX:048-767-3130
起業・会社設立から決算・申告までトータルサポート!