税務に関するご相談等、お気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00 - 18:00(土日祝日要相談)

staff

2021.08.27

祭典の裏で

こんにちは!今回のブログを担当します稲見です。

今年の夏は、オリンピックが日本で開かれたこともあり、特別な夏となりましたが、通常、夏を盛り上げるスポーツイベントとしては、高校野球の甲子園大会を挙げることが出来ると思います。

私も学生時代の一時期、野球をやっていたことがあり(硬式では無く、軟式ですが)、夏の甲子園を毎年楽しみにしています。

そんな私は、母校が、予選の何回戦まで進めるかを毎年チェックするようしています。

ただ、たいてい1回戦か2回戦で敗退するため、油断をすると、既に敗退済みということも、ままありました。

今年の大会もご多分に漏れず、組み合わせが決まった際のトーナメント表を確認したまでは良かったのですが、気付いた時は3回戦が終わっていました。新聞の「本日の試合」欄には「4回戦」の文字があり、わが母校の名はそこにはありませんでした。「もう負けたんだろうな」という当然の感想を抱き、毎年恒例の「どこまで進むかチェック」は、ここで終わりを告げることとなりました。

しかし、わが母校は負けてはいませんでした。翌日の帰宅後、父親の購入していたスポーツ新聞の甲子園予選のページを眺めていた時でした。母校の属する東東京大会の「本日の試合」欄に、なんと母校の名前が載っていたのです。新聞を見たのは夜でしたので、「本日の試合」は既に終了しています。私はあわてて携帯で結果を確認してみました。すると、まさかの勝利。奇跡の5回戦進出です。(かっこよく言えば、ベスト16!)

私の記憶する限り、ここまで勝ち進んだことは無く、「ひょっとしたら」の気持を抱きつつ、次の対戦相手を確認しました。しかし、その瞬間に、希望は絶望に変わりました。対戦相手は、甲子園に出場したこともある名門校だったのです。「さすがにここまでか」と思いながらも、一応試合日を確認しました。気持的には、「何点差で食い下がれるか」という点に注目が行っていたのも事実です。

そうして迎えた5回戦。結果を確認すると、7-3でした。「4点差なら大善戦」そう思いながら、良く確認してみると、なんと勝っていたのは母校でした。まさかまさかのベスト8進出です。

信じられない気持と、あと3回勝てば甲子園、という奇跡的な状況に、ちょっとした高揚感のようなものも感じたのでした。

 

結論から言いますと、わが母校の快進撃はベスト8進出で幕を閉じました。準々決勝の対戦相手は第一シードで、準優勝にはなりましたが、優勝候補筆頭の高校でもありました。ただ、4回までは0-0で食い下がるなど、見せ場は十分あったのではないかと思っています。

大きく年の離れた後輩達の活躍によって、甲子園出場という夢と、「甲子園に行ったら寄付をしないと」など忘れていた愛校心を沸き起こしてくれた今年の夏は、オリンピックがあったことも相まって、少しだけいつもと違う夏になったような気がしました。

 

埼玉県やさいたま市で税理士や会計事務所をお探しの方は
中央みらい会計事務所までお気軽にご相談下さい!

 

 

〒338-0001
埼玉県さいたま市中央区上落合8丁目10番地7 中山ビル1,2階
JR:大宮駅西口より徒歩14分、北与野駅西口より徒歩17分

TEL:048-840-1107 FAX:048-767-3130
起業・会社設立から決算・申告までトータルサポート!
ページトップへ