税理士変更

弊事務所では考えられない!ありえない事例10
専門用語を多用するので全く意味が解らない
専門的な事も噛み砕いて解りやすく話せるのが本当のプロ!
専門用語を分かりやすく解説できない税理士なのかも!?
数字のチェックが甘く、税務調査でミスを指摘された
お客様がよりよい会社経営を出来るようサポートするのがプロの仕事。
逆に、お客様の足を引っ張るような初歩的なミスはありえません。
連絡が取り辛く、レスポンスが遅い
業種にもよりますが、経営判断上、一刻を争う状況は多分にあるはず。
経営者のスピードに合わない税理士には、時間が経つほど不満も溜まっていきます。
申告期限ギリギリにしか利益や税金の金額を教えてくれない
月次決算を見ながら、申告時期を見越して経営サポートするのが税理士の仕事。
期限ギリギリでアレコレ言い出すのは経験が浅いorウッカリさんなのかも?
決算対策・節税提案・税務調査対策をしてくれない
会社の規模や損益、業種によって、最適な対策・ご提案は異なります。
これらを最適に行える税理士が居るだけで、会社の利益は全く違ったものになります。
経営相談に乗ってもらえない
お客様の月次の試算表をもとに現状の分析及びアドバイスが出来るのが税務のプロ。
経営相談やアドバイスが不得手なのかも?
融資の相談に乗ってくれない。融資が通らない
事業融資・銀行融資の実行や融資金額は、融資担当者の力量によって結果が大きく左右されます。
融資の相談が出来ない担当者は、この分野に弱い可能性大!
試算表や決算書の提出が遅い、もしくは、作ってくれない
試算表や決算書が無ければ判断材料が無く、数ヶ月遅れで提出されれば経営判断がそれだけ遅れます。
最初の契約で試算表や決算書の提出が含まれているのなら、職務怠慢です。
ワンストップサービス・他の士業の紹介ができない
他の士業と提携していない税理士事務所は、対応出来る仕事の幅が狭くなります。
業務範囲外だからといって、お客様の手を煩わせるのはありえません。
相談しにくい、相性が合わない
相談しづらい相手に対して会社の内情をさらけ出すのは至難の業!
早めに信頼できる税理士を探したほうがベストかも。
「でも、税理士変更ってやり方が解らないから心配で…」今の税理士さんとの関係がこじれるのも怖いしどうするのが一番いいのかわからない
心配はいりません!ポイントを抑えて進める事で、スムーズな税理士変更が行えます。お客様のケースに合わせて詳しくご説明し、契約を迫ることもいたしません。
税理士変更時に抑えておきたい4つのポイント 1.変更日の決定 2.変更前の税理士との契約書を確認 3.申告書・総勘定元帳・届出書類・預け資料等の返却 4.最後の報酬の支払い 当事務所に変更されるお客様には、上記のポイントを抑えつつ、変更前のご相談から実際の移行まで、マンツーマンでサポートいたします!
会社設立・各種税務に強い当事務所がお客様をトータルサポートします! 【電話】048-840-1107 電話またはメールフォームよりお気軽にご連絡下さい お問合わせメールフォーム
ページ上部へ戻る